So-net無料ブログ作成
花咲舞 無駄パンチラ 杏 エロ目線 花咲舞が黙っ ブログトップ

花咲舞 無駄パンチラ 杏 エロ目線 花咲舞が黙ってない 日本テレビ [花咲舞 無駄パンチラ 杏 エロ目線 花咲舞が黙っ]

好スタートを切った、杏さんが出演している新ドラマ「花咲舞が黙ってない」について、「3パンチラがあった」などエロ目線の意見も寄せられています。
中性的な杏さんのパンチラに「無駄パンチラ」などの声も上がっています。

「花咲舞が黙ってない」第1話PR動画 第2弾

-----以下、メンズサイゾー 2014年04月19日12時00分 より引用-----
「今一番ノッている女優」杏、新ドラマで“無駄パンチラ”を連発!?

hanasaki_mai.jpg
※イメージ画像:日本テレビ系『花咲舞が黙ってない』公式サイトより

 ヒロインを務めたNHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』が3月29日に終了した、モデルで女優の杏。初回の視聴率が22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と過去10年で最高だった同作は、その後全25週を通じて週間視聴率21%を超える好成績を収め、昨年10月16日の放送回では最高となる27.3%をマークした。全150回の平均では、20%台だった『あまちゃん』や『梅ちゃん先生』を上回り、過去10年で最高となる22.4%を記録している。

 杏は『ごちそうさん』終了後、立て続けに今クールのドラマ『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)に出演している。同作は、昨年ドラマ化されて大ヒットした『半沢直樹』(TBS系)の原作者である作家・池井戸潤による唯一のヒロインもの小説。融資トラブルや情報漏えいなどの問題が起こる銀行で、「黙っていられない」性格の杏が事件や不祥事を解決していくというストーリーだ。16日には10分拡大の初回が放送されたが、平均視聴率は17.2%と高い数字を叩き出している。

「“月9”の『極悪がんぼ』が13.6%、人気作の続編である『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)も14.0%ですから、今のところ4月クールのドラマでは一番の好スタートを切ったといっていいでしょう。昨年『半沢ブーム』を巻き起こした池井戸氏の原作ということで期待値が高いのもありますが、やはり杏が『ごちそうさん』から連続して主演を務めることが大きいでしょう。社会現象にもなった『あまちゃん』の後作品ということでプレッシャーは相当大きかったでしょうが、結果的に“あまちゃん超え”を果たしたことで女優としてステージが上がったのは間違いない。今一番ノっている女優といってもいいのではないでしょうか」(芸能ライター)

 第1話で杏は、窓口係から事件や不祥事を起こした銀行を解決に導く「臨店班」という部署に異動を命じられ、出世コースから外れた上司(上川隆也)とコンビを組むことになる。早速、上川と一緒に事務ミスが見つかった支店へ向かうが、そのミスの原因にどうしても納得できず…という展開だった。

 ネット上では、スタイル抜群の杏だけに「スーツ姿が映える」「あんな銀行員いたらいいよね」「予想通りおもしろい」といった声のほか、しゃがむシーンが多かったことから「3回パンチラがあった」「アングル狙ってるな」とエロ目線の意見も見られる。

「昨年10月頃には、モデル時代の乳首があらわになった画像がネット上で出回り、『お宝画像発見』と話題になりました。ただ、いずれもポロリ的なものではなく、胸元が空いていたり、透け感のある素材から見えるといった程度で、モデルでもある杏にとってはたいしたことはないのかもしれません。ただ、杏は過去に露出が多いイメージがなかったことと、『ごちそうさん』がスタートするというタイミングだったこともあって、意外さも含めて画像掲示版で盛り上がりを見せました。杏はどちらかと言えば中性的な顔立ちですし、ドラマでは妖怪や魔女などなぜか非人間的な役を演じることも多い。浮世離れした美しさを持っているだけに、今回のパンチラについても『セクシーさはゼロ』『無駄パンチラ』という声も上がっています(笑)」(同)

 ルックスが抜群なことは疑いようがないものの、その凛とした雰囲気からどこか「かっこいい」というイメージが先行してしまう感のある杏。しかし、今もっとも好調な女優だけに、数少ないエロ要素にも視聴者は敏感に反応してしまうようだ。今後、さらなるエロ要素があるかどうかはわからないが、もしもサービスショット的な露出があった場合はネット上が「黙ってない」ということだろう。
(文=津本ひろとし)
-----以上、メンズサイゾー 2014年04月19日12時00分 より引用-----

がんばれ~!杏 花咲舞が黙ってない 日本テレビ!

花咲舞 無駄パンチラ 杏 エロ目線 花咲舞が黙っ ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg