So-net無料ブログ作成
二階堂ふみ 慶大合格 浪人 AO入試 慶應義塾大 ブログトップ

二階堂ふみ 慶大合格 浪人 AO入試 慶應義塾大学 笑っていいとも [二階堂ふみ 慶大合格 浪人 AO入試 慶應義塾大]

二階堂ふみさんが22日、大学合格の喜びをツイッターにつづりました。
スポーツ紙で慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で合格したと報じられていましたが、浪人生としての1年を振り返り、心境なども明かしています。

二階堂ふみが笑っていいともテレフォンショッキングに出演

-----以下、シネマトゥデイ 2014年02月22日12時37分 より引用-----
二階堂ふみ、慶大合格!浪人を経て…仕事&学業の両立を誓う

nikaidou_fumi.jpg
大学合格の喜びをツイッターにつづった二階堂ふみ - 画像は2013年撮影のもの

 女優の二階堂ふみが22日、大学合格の喜びをツイッターにつづった。二階堂は同日朝、慶應義塾大学総合政策学部にAO入試で合格したとスポーツ紙で報じられており、ファンから祝福のメッセージが寄せられていた。

 二階堂は22日昼ごろ、ツイッターで「みなさま、お祝いのリプライありがとうございます。大学合格しました」と報告すると、「両立というのは大変ですが、必死に食らいついていきたいと思います。勉強頑張ります」と女優業と学業の両立を誓った。

 二階堂は高校3年生だった昨年は現役受験を断念し、浪人を選択。「浪人生としての1年は、ちょっと苦しい時もあったけど楽しかったです」と振り返り、「周りの支えてくださった方々に感謝です。ありがとうございました。頑張る。頑張ります」と大学生としての意気込みをつづった。

 二階堂は高校在学中の2011年、映画『ヒミズ』でベネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞すると、その後も『悪の教典』『地獄でなぜ悪い』『ほとりの朔子』などの話題作に出演。今年1月には第56回ブルーリボン賞の助演女優賞を受賞した。今後は直木賞受賞作を映画化した『私の男』、そして中島哲也監督の最新作『渇き。』の公開が控えている。(編集部・福田麗)
-----以上、シネマトゥデイ 2014年02月22日12時37分 より引用-----

がんばれ~!二階堂ふみ 慶應義塾大学!

二階堂ふみ 慶大合格 浪人 AO入試 慶應義塾大 ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg