So-net無料ブログ作成
松田龍平 主演男優賞 史上初 父子受賞 優作 舟 ブログトップ

松田龍平 主演男優賞 史上初 父子受賞 優作 舟を編む 松田龍平 [松田龍平 主演男優賞 史上初 父子受賞 優作 舟]


第38回報知映画賞の表彰式が18日、東京で行われました。
主演男優賞は「舟を編む」に出演の松田龍平さんが受賞しました。
83年の父・優作さんに続き主演男優賞に輝き、史上初の父子受賞となりました。

『舟を編む』松田龍平×オダギリジョー/ティーチイン・イベント

-----以下、スポーツ報知 2013年12月19日08時05分 より引用-----
松田龍平「これでいいんだ」自信になった史上初の父子受賞…報知映画賞表彰式

matsuda_ryuuhei.jpg
照れた表情を見せながら受賞の喜びを語った松田龍平

 ◆第38回報知映画賞表彰式 ▽主演男優賞・松田龍平「舟を編む」 「第38回報知映画賞」の表彰式が18日、東京・港区のザ・プリンス パークタワー東京で行われた。「舟を編む」と「凶悪」がそれぞれ3部門で受賞し、最多受賞を分け合った。83年の父・優作さんに続き「舟―」で主演男優賞に輝き、史上初の父子受賞となった松田龍平(30)は「芝居への意識の変化を持った作品が評価されてうれしい」と照れながらも笑顔。また、両作品に出演して助演女優賞を獲得した池脇千鶴(32)は、主演女優賞を受賞しての“3冠制覇”を宣言した。

 普段はクールな表情を崩さない松田が、ブロンズ像を受け取った瞬間、フッと笑みを浮かべた。正面を向き、ほんの少しだけ像を持ち上げてカメラマンに向かってポーズ。その控えめなふるまいが、逆に真の喜びを表しているように見えた。

 「うれしいんだけど、照れくさいですよね。壇上でも何を言おうか考えていたんですけど、(最後に表彰されたため)いろいろ考える時間があり過ぎて、何を言えばいいのか分からなくなってしまいました」。それでも、忘れずに口にしたのは、石井裕也監督(30)への感謝だった。

 「撮影中は思うところを全部ぶつけたんですが、それを受け止めてくれた。石井監督のおかげで受賞できたというのが、正直な感想ですね」。過去の作品でも、監督と意見を戦わせることはあったが、今回は「特に責任を感じて取り組みたかった。だからこそ、自分も言いたいことを監督に言った」。なぜなら作品に父・優作さんの“におい”を感じていたからだという。

 「舟―」は「家族ゲーム」の森田芳光監督と、同作で83年に主演男優賞を受賞した優作さんのような才能のぶつかり合いを求めて始まった企画。「石井さんとも『家族ゲーム』の出会いに似ていると感じるところがあると話したことがありました」。宮崎あおい(28)演じる香具矢が勤める懐石料理店のカウンターに一列に座るシーンは、石井監督が「家族ゲーム」の名場面を意識して取り入れられたものだった。

 「見えない力、出会いを感じた作品。その作品で賞を取れたのは自信になったし、『これでいいんだ』と思えました」。ただ、いつまでも余韻に浸っているつもりはない。

 この日も、共演者や石井監督と顔を合わせたが、「舟―」についての話は、ほとんどしなかったという。「僕も、皆さんも、もう次の仕事をしているんで。みんな前向きに進んでる。賞をもらったことで、その背中を押してもらえた気はしますけどね」。ターニングポイントを最高の形で迎えた松田は、今後も貪欲に“俳優道”を歩んでいく。

 ◆松田 龍平(まつだ・りゅうへい)1983年5月9日、東京都生まれ。30歳。父・松田優作さん(89年死去)、母・松田美由紀、弟・松田翔太の俳優一家。大島渚監督に見いだされ99年、映画「御法度」でデビュー。ブルーリボン賞新人賞などを受賞。その後、映画を中心に活躍。2009年1月、モデルの太田莉菜と結婚。同年7月、第1子の女児が誕生。13年、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で“ミズタク”こと主人公のマネジャー・水口役で人気を博す。21日に出演作「麦子さんと」が公開。

 ◆舟を編む 玄武書房の営業部で“変人扱い”されていた馬締(松田)は、ベテラン編集者・荒木(小林薫)に見いだされ、辞書編集部へ異動。新辞書「大渡海」の編さんに取り組み始める。ある日、下宿先の大家の孫・香具矢(宮崎あおい)と運命的な出会いをする馬締。仕事仲間の西岡(オダギリジョー)やその恋人・麗美(池脇)も2人の恋を応援する。そんな中、「大渡海」の製作が中止になるといううわさが舞い込んだ…。昨年の本屋大賞第1位となった、三浦しをんさんの同名小説が原作。

 ◆報知映画賞 映画界の発展を願い、1976年に始まった。2008年から読者投票の結果も加味したノミネート制を導入。この作品部門、個人部門の中から選考委員会で受賞者・受賞作を決める。公開規模の大小、興行収入、観客動員数などにとらわれることなく選考され、賞レースのトップを切って発表、表彰されることから、映画界以外からも高い関心を集めている。受賞者には、イラストレーター・和田誠さんがデザインした重さ4.4キロのブロンズ像が贈られる。
-----以上、スポーツ報知 2013年12月19日08時05分 より引用-----

がんばれ~!松田龍平 主演男優賞 舟を編む!


松田龍平 主演男優賞 史上初 父子受賞 優作 舟 ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg