So-net無料ブログ作成
pm2.5 予報 原因 喘息 ブログトップ

pm2.5 予報 原因 喘息 [pm2.5 予報 原因 喘息]

PM2.5の原因が鹿児島県の桜島の噴煙かも?とのことで、今まで中国のせいにしてました。
中国の皆さん、ごめんなさい。
これから、乾燥するし、喘息になる危険性も増してきますね。

-----以下、読売新聞 2013年11月18日14時43分 より引用-----
関東などのPM2・5上昇、原因は中国でなく…

 鹿児島県の桜島の噴煙が、関東から近畿地方にかけて微小粒子状物質「PM2・5」の濃度を上昇させるケースがあるという研究を、気象庁気象研究所がまとめた。19日から仙台市で始まる日本気象学会で発表する。

 7月上旬、関東から近畿にかけ、PM2・5の濃度が1立方メートルあたり約100~50マイクロ・グラムと、国の環境基準(同35マイクロ・グラム以下)を上回ったことがあった。気象研究所の田中泰宙主任研究官らが、この時期の大気の様子などを調べた。

 米航空宇宙局(NASA)の人工衛星の画像を解析すると、九州から本州の太平洋沿岸に微粒子を含んだ空気が多く流れていた。一方、中国から汚れた大気が流れた形跡はなかった。

 そこで、噴火活動が活発化していた桜島の噴煙がどのように流れたかをコンピューターで想定したところ、PM2・5の濃度が実際の観測結果とほぼ一致したという。

 田中主任研究官は「PM2・5については火山の噴煙も考慮する必要があることがわかった。季節や風向きでどう影響が変わるかを引き続き調べたい」と話している。
-----以上、読売新聞 2013年11月18日14時43分 より引用-----

zensoku_kawai.jpg

「息苦しい」「呼吸しづらい」「咳が出て夜も十分に眠れない」など、喘息でお悩みの方は
近年増加しており、世界的には3億人以上、日本では400万人以上いるといわれています。

さらに、体力のない小さなお子様やご年配の方にとっては、
喘息が悪化すると、命に関わるケースも出てきます。

その様に喘息で苦しんでいる方達の呼吸が楽になり、
薬のいらない健康で丈夫な体を取り戻して頂くために、
このサイトで喘息の改善法を公開することにしたのです。

でも、「私は医師から“喘息は治らない病気”だとハッキリ言われました!」
と、いう方もいらっしゃるかと思います。

私共の治療センターにお見えになる患者様も、あなたと同じように医師から説明を受け、

「薬を使用しているが、ただの一時しのぎだ…」
「喘息は一生付き合っていかなくてはいけない、慢性の病気だ…」

と、ご自分の喘息の改善を諦めてしまっています。

また、「一度治ったと思ったのに、また再発した」と悩んでいらっしゃる方も多いです。

そう、一般的に喘息は、一生薬でコントロールしていくしかない…と。

現在、喘息の主な改善方法、治療法としては、
気管支拡張剤や吸入ステロイド剤、点滴などがあり、一定の成果を上げています。

ただ、これら薬剤による改善法や治療法は、
気道内の炎症を強制的に抑え、一時的に気道を確保する対処療法であり、
残念ながら、「気道に炎症が起こりやすい、気道が狭くなりやすい」という
根本的な『喘息体質』を改善する方法ではありません。

そのため多くの方は、予防的にしろ、薬剤を使い続けなければならず、
人によっては、一生薬剤を手放せない、薬剤から逃れられない方もいらっしゃいます。

確かに、薬剤使用になんら副作用が無く、喘息の苦しさや危険を回避できるのであれば、
それでも良いですよね。

しかし、
実際には、薬剤を長期間使い続けることで、その副作用によって気管の弾力性、柔軟性が失われ、
呼吸機能をコントロールしている自律神経の働きが低下するなど、結果的に呼吸機能が弱くなり、
喘息症状が起きやすく、薬剤も効かなくなるといった状態を引き起こしやすくなります。

したがって、なんとか薬剤の使用を減らし、
緊急やむを得ないとき以外は薬剤を使用しないでいられるように、
根本的な『喘息体質』を改善する方法が、
みなさんにとってより良い方法であり、必要な方法だと思うのです。

そこで私共は、喘息にも必ず根本的な原因があると考え、
「喘息は治せる!」と確信し、常々その原因を模索していました。

そんな時、たまたま喘息の方が、
猫背や姿勢の悪さなど、体の歪みを改善する目的で来院していたのですが、
体の歪みが改善するにつれて、夜中の咳や息苦しさがなくなり、
喘息の症状を発症しなくなったのです。

その後も同じ様な事例がいくつも重なり、
私共は益々、喘息改善のための研究にも力を注ぐようになりました。

一般的な西洋医学の常識にとらわれず、体の歪みが喉や気管、肺などの呼吸機能に与える影響をはじめ、解剖学、生理学、身体力学、病理学、薬学などの基礎医学知識を基に、川井筋系帯療法治療センターが35年に亘って積み重ねてきた臨床経験、研究によって導き出された体の歪みと疾病・症状との相関関係、及びその改善法について独自研究を重ね、実践を繰り返しました。

そしてとうとう、喘息の根本原因を突き止め、
独自の喘息改善法を確立したのです。

そしてその喘息改善法を、実際に喘息でお悩みの患者様に試して頂いたところ、
わずか2日程度で、「息を吸いやすい」「声が出しやすい」「楽に呼吸が出来る」
などの嬉しい効果が表れました。

さらに、喘息改善法を始めてから2ヶ月程経過した頃には、
常時手放せなかった喘息薬をほとんど使用しなくても、
喘息の症状を発症しなくなったのです。

その後も喘息の発作に襲われることなく、今では完全に薬を手放すことが出来たそうです。

つまり、呼吸器内科を受診していても酷くなる一方だった喘息が、
薬に頼ることなく、特別な道具も一切使わずに、
たった2ヶ月ですっかり改善したのです。

詳しくは、こちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




pm2.5 予報 原因 喘息 ブログトップ



スポンサーリンク

xxxxx.jpg