So-net無料ブログ作成

実写版 魔女の宅急便 大コケ 必至 ワケ 小芝風花 宮沢りえ 宮崎駿 キキ ジジ [実写版 魔女の宅急便 大コケ 必至 ワケ 小芝風]



スポンサーリンク



今年公開される映画の中で、新年早々「大コケ必至」とササヤかれている作品が…。
それは、3月1日公開の実写版「魔女の宅急便」です。

実写版「魔女の宅急便」予告編初公開! 主題歌は倉木麻衣

-----以下、東スポWeb 1月9日(木)11時41分配信 より引用-----
実写版「魔女の宅急便」大コケ必至?と囁かれるワケ

koshiba_fuuka.jpg
主役の小芝に責任はないが…

 今年公開される映画の中で、新年早々「大コケ必至」とササヤかれている作品が…。3月1日公開の実写版「魔女の宅急便」だ。

 主演は、武井咲(20)の姉妹キャラを決める「ガールズオーディション2011」でグランプリを獲得した小芝風花(16)で、今回が映画初主演。宮沢りえ(40)や尾野真千子(32)、筒井道隆(42)といったビッグネームが脇を固める。

 しかし「アニメのイメージがあまりにも強すぎるから厳しいのでは!?」と映画関係者は表情を曇らせる。特に痛いのは、そのスタジオジブリの名作アニメ「魔女の宅急便」の映像を、宣伝で一切使えないことだ。

「ジブリは実写版に一切関係してないからね。映像使用についてもジブリは特に厳しいし…」(同関係者)

 アニメ版は、昨年引退した宮崎駿氏(73)が監督を務め、1989年に公開された。最初に商業ベースに乗り、大きな黒字を記録したジブリ映画がこの「魔女の宅急便」である。

 公開が終わってからも、同作はたびたびテレビ放映され、毎回高視聴率を記録。「ほぼ2年に1回のペースで、これまでに10回以上放送されています。『魔女の宅急便』にアニメのイメージが強烈に付いたのは、その影響が大きいでしょう」とはテレビ局関係者。

 それほど国民に認知された“魔女宅”とリンクできない実写版では、苦戦が予想されても仕方あるまい。
-----以上、東スポWeb 1月9日(木)11時41分配信 より引用-----

がんばれ~!実写版 魔女の宅急便 小芝風花 宮沢りえ 宮崎駿 キキ ジジ!



スポンサーリンク

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】




スポンサーリンク

xxxxx.jpg