So-net無料ブログ作成

大沢樹生 本当の父親 実名公表 泥仕合 喜多嶋舞 再反論 大沢樹生 息子 [大沢樹生 本当の父親 実名公表 泥仕合 喜多嶋舞]



スポンサーリンク



元「光GENJI」で俳優の大沢樹生さんと、女優・喜多嶋舞さんとの間に生まれたとされていた長男が、大沢の実子ではなかったといわれる問題が、いよいよ泥仕合になってきました。
長男が週刊誌「女性自身」で「99・9%僕はパパの子」と告白したことを受け、大沢さんは7日、都内で緊急会見し大反論。
近々、喜多嶋さんも週刊誌上で再反論するという。
こうなると両者ともに一歩も引けない。
「本当は息子の実の父を知っている大沢が、最終手段としてその名を公表するかも」と関係者が仰天予告しました。

大沢樹生 「実子騒動」涙の記者会見

-----以下、東スポWeb 1月10日(金)11時16分配信 より引用-----
いよいよ泥仕合!「本当の父親」知っている大沢樹生が実名公表も

oosawa_toshio.jpg
天を仰ぎ会見で涙を見せた大沢。囲み写真は喜多嶋

 元「光GENJI」で俳優の大沢樹生(44)と、女優・喜多嶋舞(41)との間に生まれたとされていた長男(16)が、大沢の実子ではなかったといわれる問題が、いよいよ泥仕合になってきた。長男が週刊誌「女性自身」で「99・9%僕はパパの子」と告白したことを受け、大沢は7日、都内で緊急会見し大反論。近々、喜多嶋も週刊誌上で再反論するという。こうなると両者ともに一歩も引けない。「本当は息子の実の父を知っている大沢が、最終手段としてその名を公表するかも」と関係者が仰天予告した。

 今回の騒動で注目されているのは、長男の本当の父親は誰なのか?だ。会見中、大沢は「こちらこそ聞きたいくらいです。知らない? そうですね。(名前が出ている俳優たちに)私が謝ることではないのですが、本当に迷惑を掛けてしまって心苦しく申し訳なく思っています」と語った。

 だが、それに異を唱える関係者はいる。「実は喜多嶋だけではなく、大沢も本当の父親を知っているというのですよ。一説によると、まだ名前が出ていない大物芸能人とのことです」と芸能プロ関係者。

 現在“暴露合戦”の真っただ中にいるのは長男と、実父の音楽プロデューサー・喜多嶋修氏を味方に付けた喜多嶋、そして大沢だ。その大沢が「本当の父親を知っている」という事実は「父性確率0%」という鑑定結果と並んで大きな武器、それこそ泥仕合を終わらせる究極兵器になる可能性を秘めているという。

「これ以上喜多嶋サイドの攻勢が激しくなれば、ついに大沢が暴露本を出版するのではないかと言われています。ここまで騒動が拡大した以上、大沢も本を書くとしたら、実の父親の名前を書かざるを得ないでしょうから、衝撃が走ると思いますよ」と前出関係者。

 そもそも今回の暴露合戦の“仕掛け人”は大沢というのが、業界中の定説だった。

「そんな説を否定したい大沢は、会見で自分がリークしたのではなく『詳細な事実を知る記者に2度も直撃されたので認めざるを得なかった』という話をしたのです。ただ週刊誌に出たのが、大沢が言うように長男が目にするはずもない鑑定結果という極めてプライベートな情報です。今でも大沢がやったと確信している関係者は多い」とワイドショー関係者。

 大沢が“仕掛け人”だとすれば、なぜそのような行動に出たのか? 

「諸説ささやかれているが、有力なのは大沢びいきの世論作り説」と語るのは、中堅芸能プロ幹部だ。「父性確率0%」という鑑定結果があれば十分のような気もするが、大沢にとっては決してそうではない。2年前に情報戦に失敗したという“トラウマ”があるからだ。

「2年前、一部週刊誌で長男が大沢と喜多嶋から受けたDVを告発しました。大沢は否定したのですが、やはり『DV父親』というイメージが付いてしまった。現在大沢は親子関係不存在を申し立て、喜多嶋サイドと調停中だが、不調に終わることは確実。法廷闘争に突入する可能性は高い。そこで今回は世間にバレてしまう前に、自分に有利な空気を作ろうとしたと推測されています」と前出関係者。

 昨年末に報道が出ると、ネット上を中心に喜多嶋バッシングが吹き荒れ、まさに大沢の思惑通りに進んだ。だが、年が替わると想定外のことが起きた。別の女性誌の取材に対し、渦中の長男が「99・9%僕はパパの子」などと大沢の説明とは真っ向から対立する告白をしたのだ。

 中堅芸能プロ幹部によると「鑑定結果を持っている大沢は『喜多嶋サイドは反論できないはずだ』と強気だったそうですが、予想外のインタビューに慌てた。しかも長男に大沢の方から関係を断絶されたと暴露されたわけですから。それがこの日の緊急会見につながっているのですよ」。

 ただ、喜多嶋サイドも一歩も引くつもりはないという。「長男は大沢の実子」という主張はもちろん、「いよいよ喜多嶋本人が週刊誌に登場し、いろいろとブチまけるというのです。また喜多嶋が再婚した現在の夫は大手出版社に勤務しています。この出版社が持つ週刊誌にも、いろいろと大沢ネタが流れるのでは?と噂されています」と前出関係者。あまりにも喜多嶋サイドの攻撃が続くようであれば、すべてを一瞬で終わらせる最終兵器を大沢が発射…ドロ沼化は避けられそうもない。
-----以上、東スポWeb 1月10日(金)11時16分配信 より引用-----

がんばれ~!大沢樹生 息子!



スポンサーリンク

天才脳開発パーフェクトブレイン【東大医師監修】




スポンサーリンク

xxxxx.jpg